ちょっと走れば
すぐに海が見れるが、
何処か知らない所にある
海をみると
同じ海だとは
とても思えない。


夕日が沈んだ後の有明海に
少しずつ潮が満ちてくる。
海へ向かう道が
古代遺跡のように
姿を沈めて隠れだす。
青闇が永遠と続く
静かな底庭へ。









静海