6




夜の山道を
独りで歩くと
感覚が研ぎ澄まされていく。

真っ暗な暗闇に
こちらを見つめる
小さい眼を発見。