27




障子岳から尾平までは
数年前の秋に歩いたので
道も知っている上に
基本、降りで
きょうは水も沢山持っているし
とても気楽だった。




尾平までの尾根歩きが
実に気持ちいい。






23




24




25




28



29



30



31



32




33




尾平のブナ広場に行くまでに
結構の登山者とすれ違ったが
全員、尾平から古祖母や障子岳の
ピストンスタイルだった。
膝を労りながらユックリと歩き
尾平トンネルの上辺りに
到着すると団体様が
広場を占拠していた。


会話が嫌だったので
少し距離を取って
足早に歩き去ったが
そこの登りがかなりの急登で
またもやペースを落とす。

急登の真ん中辺りで
団体から離れて
写真を撮っている女性が1人いた。
話をすると、
何やら登山愛好家ではなくて
植物愛好家軍団らしい。
別にどこまで行く訳でもなく
何となく山を進み、
咲いている全ての植物を
愛でて歩く集団だと言っていた。

山には人の数だけ
目的があるとは思っていたが
あのようなスタイルが
存在する事を知る。