resize00[1]



忘れなれない夜明けだった。